家具制作鯛工房

モダンでシンプルな家具を制作する家具椅子工房です

補足 ラムポンプ

このラムポンプも、これまで紹介した、クレムソン大学のマニュアルに基づいて製作されたものです。
使用部品も全く同じです。

ラムポンプ全使用部品 画像1:全使用部品。

スイングチェックバルブと、スプリングチェックバルブ 画像2:スイングチェックバルブ(右)と、スプリングチェックバルブ(左)。スイングチェックバルブの中に、フラッパー弁が見えます。

スイングチェックバルブと、スプリングチェックバルブのセッティング 画像3:スイングチェックバルブ(右)と、スプリングチェックバルブ(左)をセットした所。上は、塩ビパイプ用のプライマーと接着剤。

圧力チャンバー内に入れる自転車チューブ 画像4:圧力チャンバー内に入れておく自転車のチューブ。この画像程度、中に空気を入れておきます。圧力チャンバー内の空気は、水に溶けて減っていきます。圧力が高いと、さらに溶けるので、その対策です。これはグッドアイデア。

塩ビにプライマーを塗る 画像5:塩ビにプライマーを塗っている所。
実は、塩ビ同士を接着するのに使用するプライマーは、初めて知りました。調べてみましたが、国内では、同様の商品を見つけられませんでした。

塩ビ部品の接着 画像6:接着後、クランプで強制的に押し込んでいます。

圧力チャンバーの接着 画像7:自転車のチューブを内部に入れた後、圧力チャンバーの接着。

作動原理-1 画像8:作動原理1:水源からの水が、スイングチェックバルブのフラッパーを通過して出て行きます。

作動原理-2 画像9:作動原理2:フラッパーから出て行く水の流速が徐々に早まり、フラッパーを押し上げます。押し上げられ、スイングチェックバルブが閉じられた瞬間、水の行く場所が無くなり、ウォーターハンマー現象が発生します。
行き場所が無くなった水は、スプリングチェックバルブを押し開け、圧力チャンバーへ入り、エアーを圧縮します。

作動原理-3 画像10:作動原理3:圧力チャンバー内の圧縮されたエアーは、水を押し返します。スプリングチェックバルブがあるので、水は戻れず、出水パイプを通じて揚水されます。

参照サイトは、instructtables

Contents
Sales & Service

椅子用ペーパーコード
デンマーク製ペーパーコードを販売しています。

桐油の販売
オイル仕上げ用の「桐油」を販売しています。

椅子の張替え
Yチェア等の椅子の張替を行っています。

ウィンザーチェア教室
英国スタイルの本格ウィンザーチェア制作教室を開催しています。

Link

興味の壺
プロダクトデザイン・メカニスム・伝統的アーキテクチャー等を紹介しています。